儲かる資格とは?

不況が叫ばれてもう何十年になるでしょうか。 もはや経済の暗い見通しを叫ぶ新聞ニュースなどのマスメディアを通して得られる情報は、見飽きてさえきます。
こうした厳しい時代では、少しでも自分に武器が欲しくなってきます。
中小企業診断士やファイナンシャルプランナーなどの、資格は今の時代を生き抜くために大きな力になってくれるでしょう。

中でも、特に独立開業型の儲かる資格は特に大きな力になってくれます。
会社を辞めずとも、自宅などを利用し、副業としての週末開業を可能にしてくれるからです。
開業型といっても色々な種類があります。 それでは、いくつか紹介させていただきます。 

中小企業診断士

中小企業診断士とは、経済産業大臣が登録する中小企業の適切な経営の診断や助言などの専門家を認定する国家資格です。
資格保有者の7割が企業に勤務していますが、独立開業を目指すことも可能な資格です。
現在、経済状況や政治的な不安定さなどの経営環境の不安定化によって、社会的なニーズが高まっています。
また、資格をとる上で学ぶ知識はビジネスマンにとっても有用なものが多いので、単純にスキルアップしたいという方にもおすすめです。 

行政書士

弁護士、司法書士などとおなじ法律を、扱う専門家であることを認定する国家資格です。
医師などと同じ独占業務資格であり、取得さえすればその日から開業することが可能です。 

行政書士は主に、官公庁に提出される許認可にかかわる書類の作成の代行や、これにかかわる手続きなどの代行を主な職務とします。
また、近年では行政書士法の改正に伴って徐々に業務範囲が、増えつつあり将来にわたって多様なニーズの開拓が見込まれます。 

社会保険労務士

企業が経営上で直面する三大要素ヒト・モノ・カネの中で、その中でも特に重要だと考えられる人の専門家として企業を顧客に、労務管理や人事に対してアドバイザーとして関わってゆく専門家であることを、示す国家資格であり、業務独占資格でもあります。 

また、特定研修を受けた上で紛争解決手続代理業務試験に合格すれば、特定社会保険労士となり、労働者と企業の賃金の不払いなどの問題を裁判外紛争解決手続で取り扱うことができるようになり、さらに業務の幅を増やしていくことが出ます。

資格取得には計画性を

資格の取得にはどうしても時間がかかってしまいます。
そのためには勉強時間の確保を考え生活全体を見直すことも考えねばなりません。
ですが、資格取得に至るまでに培った知識や経験は必ず大きな武器になります。
合格には継続性が肝心です。